上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Skymark Airlines B767-300ERが就航しました。

勝手ながら就航路線は、おまつ空港[OMT]-神戸空港[UKB]と決定しました。

DSC02329_convert_20100312210631.jpg

■B767-300ER
  全長 54.9[m]
  全幅 47.6[m]
  航続距離 11,305[km]
  EngineはGE CF6-80C2B6Fを搭載する。

DSC02331_convert_20100312210658.jpg

Vancouver Olympic中にCanadaのAirlineを紹介しようかな~と思っているうちに、
Vancouver Olympicが終わり、ちょっと次の飛行機を悩んでいましたが、
ちょうどSkymark Airlinesがやってくれました…

詳細は割愛しますが、そんなお騒がせ中のSkymark Airlinesを紹介します。

DSC02332_convert_20100312210720.jpg

大手旅行代理店のHISが出資して1996年に設立したSkymark Airlinesは、
- 格安料金
- 乗務員・地上職員の制服廃
- 客室乗務員の写真集
- スカイマークスタジアム(スタジアム命名権の購入)
- そして今回の不祥事…
と様々な話題を振りまき続けています。

DSC02334_convert_20100312210741.jpg

この飛行機のモデルになっているR/N JA767Aは、
USの航空機リース会社からリースしたSkymark Airlines初号機です。

おまつ空港に就航しているこの飛行機は機体に広告を施したもので、
Yahoo!Japan以外にもMicrosoftJ-PHONEUSEN等が広告主に
なったことがあります。

現在はSkymark Airlinesでの役目を終え、
遠くRussiaのRossiya Airlinesで今もがんばっています。
スポンサーサイト
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Skynet Asia Airways B737-400が就航しました。

勝手ながら就航路線は、
おまつ空港[OMT]-熊本空港(愛称:阿蘇くまもと空港)[KMJ]と決定しました。

DSC02210_convert_20100305233858.jpg

■B737-400
  全長 36.4[m]
  全幅 28.9[m]
  航続距離 3,700[km]
  EngineはCFM CFM56-3C1を搭載する。

DSC02216_convert_20100305234007.jpg

Skynet Asia Airways(SNA)は宮崎に本社を置く航空会社で、
2002年に羽田-宮崎線から新規参入を果たした会社です。

ただ、なかなか大手航空会社との競争には勝てず、
2004年には産業再生機構の支援ならびにAll Nippon Airwaysとの業務提携にて、
再建することになってしまいました…

しかし現在は黒字化にも成功しているようで、
少々古くなった機体を刷新すべく
なんとB737-800
の導入が決定されたみたいです!

今回導入する機材には、
B787向けに開発された最新の内装-BSI(Boeing Sky Interior)が導入されるため、
いまから楽しみな航空会社です。

DSC02214_convert_20100305233944.jpg

さて、このB737-400ですが、ずんぐりむっくりのかわいい形をしています。

特徴(個人的に好きなところ)は、
この小さい機体に高性能でちょっと大きなEngineを搭載するために、
Engineがおむすび型になっているところです。(地面と接触しないために)

DSC02211_convert_20100305233920.jpg

ところで、この機体のモデルになっているのはJA737Aですが、
先日熊本に往復でSNAを利用した際は、
 往路 : JA737F
 復路 : JA737V
でした。

DSC02186_convert_20100305233013.jpg

JA737Aは…Istanbul AirlinesCity Birdを経て…
JA737Fは…China AirlinesTaiwan Air Force(!)/Asiana Airlinesを経て…
JA737Vは…AeroflotGaruda Indonesiaを経て…
現在はみんなSkynet Asia Airwaysでがんばっています。

ただ、今後B737-800の導入に伴い、
順次Skynet Asia Airwaysからは退役する見込みです。

数年後、この子たちはどこの国で飛んでいるのでしょうか…

神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

One-Two-GO Airlines B747-300が就航しました。

勝手ながら就航路線は、
おまつ空港[OMT]-プーケット国際空港[HKT]と決定しました。

DSC02182_convert_20100228141434.jpg

■B747-300
  全長 70.7[m]
  全幅 59.6[m]
  航続距離 12,700[km]
  EngineはCFM CF6-50E2を搭載する。

DSC02183_convert_20100228141456.jpg

B747-100
B747-200

と続いたので、今回は・・・
B747-300をご紹介します。

Orient Thai Airlinesが出資して設立されたOne-Two-GO Airlinesは、
Thaiの国内線を運航する航空会社です。

DSC02184_convert_20100228141521.jpg

One-Two-GO Airlinesはなじみのない航空会社ですが、
Orient Thai Airlinesといえば・・・

2004年羽田空港への着陸進入ルートからはずれ、
東京タワーの上空200mまで接近するという、
あわや大惨事を起こしかねなかったあの会社です・・・

DSC02185_convert_20100228141545.jpg

この機体のモデルであるR/N HS-UTKは、
1984年にKLM Royal Dutch Airlinesで導入され、
2004年にOrient Thai Airlinesにやってきました。
(実際の運用は、One-Two-GO Airlinesの機体としての運用されたものと思われます)

どうやら現在もOrient Thai Airlinesの所属になっているため、
今もチャーター便などで活躍していることと思われます。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Aerolineas Argentinas B747-200が就航しました。

勝手ながら就航路線は、
おまつ空港[OMT]-ミニストロ・ピスタリーニ国際空港[EZE]と決定しました。

DSC02144_convert_20100214153400.jpg

■B747-200
  全長 70.7[m]
  全幅 59.6[m]
  航続距離 12,700[km]
  EngineはP&W JT9D-7Qを搭載する。

DSC02146_convert_20100214153424.jpg

前回ご紹介したB747-100のエンジン性能と航続性能を向上させたのが、
このB747-200です。

一見All Nippon Airwaysのようなデザインですが、アルゼンチンのフラッグキャリア
であるAerolineas Argentinasのものです。

DSC02147_convert_20100214153444.jpg

このデザインは古いもので、現在はシンプルな白地に青い尾翼の新しいデザインに
なっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Aarg742-txl.jpg

また、Iberia Airlinesの傘下に入っているため、
一時はIberia Airlinesと色違いの同じデザインになったこともあります。
なかなかこれがかわいいのです。
http://www.jetphotos.net/viewphoto.php?id=114957

DSC02148_convert_20100214153518.jpg

実は、このモデルになっているR/N LV-OEPは、
1980年にAerolineas Argentinasに導入され、以降約30年もの間
Aerolineas Argentinas一筋でがんばっているんですね。

DSC02149_convert_20100214153629.jpg

過去にはYS-11を保有していたAerolineas Argentinasも、
現在では最新機材の導入を計画しており、
Iberia Airlines同様Airbusに機材を統一していく方針です。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Braniff International Airways B747-100が就航しました。

もちろんBraniff International Airwaysが一番のお気に入りなのです。
(現役の航空会社ではAlitaliaが最近一番のお気に入りなのです。)

勝手ながら就航路線は、おまつ空港[OMT]-マイアミ国際空港[MIA]と決定しました。

DSC02134_convert_20100212121452.jpg

■B747-100
  全長 70.6[m]
  全幅 59.6[m]
  航続距離 9,800[km]
  EngineはP&W JT9D-7Aを搭載する。

DSC02135_convert_20100212121514.jpg

以前もご紹介したBraniff International Airways
今回は鮮やかなオレンジ色B747-100をご紹介します。

DSC02138_convert_20100212121619.jpg

このB747 Seriesは、なんと1969年に初飛行、世界で1400機以上が引き渡されている、
最も有名なSeriesに違いありません。

子供のころ、飛行機といったらこのB747 Seriesで、
ご存知のとおりジャンボジェットの名で親しまれてきました。

1970年代、この飛行機を使ったBraniff International AirwaysのPRがこちら…

Welcome to 〝747 Braniff Place.〟The most exclusive address in the sky.
http://www.braniffpages.com/1965/pic6.html

まさにこのPRに使われているのが、今回ご紹介している飛行機R/N N601BNです。
当時の技術/サービス/ファッションの最先端をつぎ込んでいたんですね。

DSC02136_convert_20100212121553.jpg

このR/N N601BNは1971年にBraniff International Airwaysに導入され、
Polaris
Metro International
Tower Air

とアメリカの航空会社に引き継がれ、1992年にその役目を終えています。

悲しいですが、役目を終えたこの子はこうなってしまいました…
http://www.jetphotos.net/viewphoto.php?id=129886

DSC02139_convert_20100212121643.jpg

ちょっと最後は悲しくなってしまいましたが、
おまつ空港には現在4機のBraniff International Airways機材が就航しています。
あと2機のご紹介はまた今度…

DSC02142_convert_20100212121747.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。