上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Air Nippon Network DHC-8-400が就航しました。
このAir Nippon NetworkANA系の航空会社であり、
通称〝A-net〟として知られています。

勝手ながら就航路線は、おまつ空港[OMT]-三宅島空港[MYE]と決定しました。

DSC02091_convert_20100123225627.jpg

■DHC-8-400
  全長 32.8[m]
  全幅 28.4[m]
  航続距離 2,020[km]
  EngineはP&W PW150Aを搭載する。

DSC02087_convert_20100123224642.jpg

DHC-8-400を製造しているボンバルディア・エアロスペース社は、
1992年にボーイング社の子会社であったデ・ハビランド・カナダ社を買収しました。
DHC〟とは、このデ・ハビランド・カナダの頭文字なんですねー。

ちなみに化粧品会社の〝DHC〟は、「大学翻訳センター」の頭文字をとった会社であり、
化粧品が有名ですが今も翻訳事業を手がけているそうです。


DSC02101_convert_20100123225714.jpg

↑きちんとプロペラが回ります↑

このDHC-8 Seriesは、日本ではYS-11の後継機として主に地上路線に導入されており、
今回ご紹介しているR/N JA854Aも2006年に導入され、今も地方路線をがんばって飛んでいることと思われます。

IMG_7399_convert_20100123225932.jpg

いろいろと問題の多い機種ではありますが、
ジェット機ばかりの空港で、たまーにプロペラ機を見るものいいですね。

IMG_7400_convert_20100123225907.jpg

珍しく成田国際空港[NRT]に飛来してきたDHC-8-400



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://omatsuairport.blog93.fc2.com/tb.php/64-bee63e5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。