上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

JMC Air B757-200が就航しました。

勝手ながら就航路線は、
ロンドン・ヒースロー空港[LHR]-グラスゴー国際空港[GLA]と決定しました。

DSC02105_convert_20100124155400.jpg

■B757-200
  全長 47.3[m]
  全幅 38.0[m]
  航続距離 7,222[m]
  EngineはRR RB211-535E4を搭載する。

DSC02107_convert_20100124155428.jpg

このモデルのR/N G-FCLHは、1995年にロシアの航空会社であるTransaeroで運用が
開始されました。

そして、1999年にはJMC Airの前身の1つであるイギリスのチャーター航空会社
Flying Colours Airlinesへ転用されます。

その後、Flying Colours AirlinesJMC Airに買収され、さらにそのJMC Air
イギリスのチャーター航空会社であるThomas Cook Airlinesへとブランド名称を変更
したため、現在はこのThomas Cook Airlinesのデザインでがんばっています。

この翻弄され具合が、昨今の会社事情・・・異動、部署変更、買収、合併等・・・と被り、
なかなか好感が持てるものです。

DSC02103_convert_20100124155329.jpg

ちなみに、このJMC Airという社名は、近代ツーリズムの祖Thomas Cookの息子であるJohn Mason Cookにちなんで名づけられたそうです。

DSC02108_convert_20100124155459.jpg

現実では、もうこの機体を見ることはできませんが、おまつ空港[OMT]では、
いつかThomas Cook Airlinesの機体と並べてあげてみたいもんです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://omatsuairport.blog93.fc2.com/tb.php/65-886d6dfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。