上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

福砂屋 カステラが届きました。

20100304222909_convert_20100307183259.jpg

九州に出張に行った際は、お土産としてカステラを買ってくることが多いです。
その中でも福砂屋のカステラがしっとりふんわりで、とてもおいしいですね。

九州でカステラを買うときにお勧めなのが、「切れ端を買うこと」です。
通常店に並んでいるカステラは、大きな一枚のカステラをから切り出しますが、
その際に周辺部分がカットされます。

カステラ工場が併設された店舗などでは、
その周辺部(=切れ端)をたっぷり!まとめて数百円で販売しているところもあり、
もちろん味も変わらないため、とってもお得なんです。

また、都会ではあまり見られない五三焼きを楽しむことができます。
これは卵黄の配合をできるだけ高めるため、卵黄と卵白の割合を五:三まで
高めたものです。

通常のカステラよりも濃厚で香りが強く、とってもおいしいです。

20100304223123_convert_20100307183332.jpg

福砂屋は寛永元年(1624年)に創業した伝統ある正に老舗です。

当時の将軍は徳川家光(三代将軍)であり、
キリシタンの布教禁止など、日本が鎖国に向かっていく時代でした。
(1633年には第一次鎖国令が発布された)

この時代にはなかなか一般市民がカステラを食すこともなかったでしょう…
今の日本に生まれてよかったなぁと思いながら…
余韻に浸ることなく全部食べちゃいました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://omatsuairport.blog93.fc2.com/tb.php/75-e52b3a3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。