上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Philippine Airlines A340-300が就航しました。

勝手ながら就航路線は、
おまつ空港[OMT]-ニノイ・アキノ国際空港[MNL]と決定しました。

DSC02127_convert_20100209211551.jpg

■A340-300
  全長 63.6[m]
  全幅 60.3[m]
  航続距離 13,500[m]
  EngineはCFM CFM56-5C4を搭載する。

DSC02129_convert_20100209211831.jpg

世田谷在住の方より「はやくおれ様の住んでいたPhilippineの飛行機を載せろ」
とのご要望を頂きましたので、さっそくPhilippine Airlines A340-300
ご紹介したいと思います。

DSC02130_convert_20100209212015.jpg

さてさて、このPhilippine Airlinesは、何気に1941年に設立された、
アジアで最も古い航空会社なんですね。

尾翼にはPhilippine国旗に使われている4色を採用し、
南国らしく太陽をイメージした鮮やかなデザインになっていますね。

DSC02132_convert_20100209211950.jpg

このModelのR/N F-OHPJは1997年にPhilippine Airlinesに導入され、
今もPhilippine AirlinesR/N RP-C3430にRe-registeredされてがんばっています。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Emirates B777-300ERが就航しました。

勝手ながら就航路線は、おまつ空港[OMT]-ドバイ空港[DXB]と決定しました。

DSC02123_convert_20100206124930.jpg

■B777-300ER
  全長 73.9[m]
  全幅 64.8[m]
  航続距離 14,594[m]
  EngineはRR Trent892を搭載する。

DSC02124_convert_20100206124952.jpg

ちょこっと小型-中型機が続いたので、どーんと大型機を載せたくなりました。

ご存知、〝Fly Emirates〟でいろいろなMediaに露出している
アラブ首長国連邦の航空会社Emiratesですが、
1985年に創業し、オイルマネーに育てられ現在は世界でも有数の航空会社に
成長しました。

…いつまでも好景気とはいきそうにありませんが…

最新かつ大型の飛行機を導入することで有名で、
現在でも100機以上の機材をAirbus/Boeingに発注中です。

DSC02125_convert_20100206125014.jpg

さてさて、このEmirates B777-300ERのModelとなっているR/N A6-EMNは、
1999年に導入され、もちろん今も現役でEmiratesでがんばっています。

DSC02126_convert_20100206125048.jpg

神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

おまつ空港には日々の運航の安全を図るための〝時計〟や〝照明〟が多くあります。

今回は〝時計〟の中からGeorge Nelson Sunburst Clockをご紹介します。

DSC02071_convert_20100131143339.jpg

George NelsonEams夫妻(Charles and Ray)と並び、
American Modernismの第一人者として知られています。

1908年コネチカット州で生まれ、イエール大学やさらにローマの
アメリカンアカデミーで学んだ後に、ニューヨークで建築事務所を設立します。

その活躍は建築だけにとどまらず、数々の斬新なインテリアデザインを
世に残しました。

特に有名なのは〝時計〟で、現在でも通じる先進的なデザインが魅力的です。

DSC02120_convert_20100131143457.jpg

George Nelsonの〝時計〟は多くのデザインがあるため、
選んでいるだけで絶対に楽しくなってしまうハズ!です。
神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

Ethiopian Airlines B727-200が就航しました。

勝手ながら就航路線は、アブダビ国際空港[AUH]-ボレ国際空港[ADD]と決定しました。

DSC02110_convert_20100129223537.jpg

■B727-200
  全長 46.7[m]
  全幅 32.9[m]
  航続距離 2,170[m]
  EngineはP&W JT8D-17Rを搭載する。

DSC02116_convert_20100129223818.jpg

最近Ethiopian Airlines B737ベイルート・ラフィク・ハリリ国際空港[BEY]を離陸
した直後、地中海に墜落するという事故が起こってしまいました。

アフリカの航空会社として欧州の空港にも乗り入れる数少ない航空会社であり、
最新機種B787 Seriesの発注も行っているアフリカ有数の航空会社なのですが…

DSC02119_convert_20100129230435.jpg

さて、今回ご紹介するR/N ET-AHKEthiopian Airlinesの旧塗装機です。
Ethiopiaの国旗の色()を尾翼にデザインしたアフリカらしい機体ですね。

DSC02113_convert_20100129223623.jpg

このR/N ET-AHKもなかなか古い機体ですが、
1981年にEthiopian Airlinesに導入され、Aces ColombiaAll Canada Expressを経て、
現在はCargojet(Canadaの貨物機)としてまだまだ現役でがんばっています。

DSC02115_convert_20100129223742.jpg

神奈川県川崎市最大の室内空港であるおまつ空港

JMC Air B757-200が就航しました。

勝手ながら就航路線は、
ロンドン・ヒースロー空港[LHR]-グラスゴー国際空港[GLA]と決定しました。

DSC02105_convert_20100124155400.jpg

■B757-200
  全長 47.3[m]
  全幅 38.0[m]
  航続距離 7,222[m]
  EngineはRR RB211-535E4を搭載する。

DSC02107_convert_20100124155428.jpg

このモデルのR/N G-FCLHは、1995年にロシアの航空会社であるTransaeroで運用が
開始されました。

そして、1999年にはJMC Airの前身の1つであるイギリスのチャーター航空会社
Flying Colours Airlinesへ転用されます。

その後、Flying Colours AirlinesJMC Airに買収され、さらにそのJMC Air
イギリスのチャーター航空会社であるThomas Cook Airlinesへとブランド名称を変更
したため、現在はこのThomas Cook Airlinesのデザインでがんばっています。

この翻弄され具合が、昨今の会社事情・・・異動、部署変更、買収、合併等・・・と被り、
なかなか好感が持てるものです。

DSC02103_convert_20100124155329.jpg

ちなみに、このJMC Airという社名は、近代ツーリズムの祖Thomas Cookの息子であるJohn Mason Cookにちなんで名づけられたそうです。

DSC02108_convert_20100124155459.jpg

現実では、もうこの機体を見ることはできませんが、おまつ空港[OMT]では、
いつかThomas Cook Airlinesの機体と並べてあげてみたいもんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。